子ども1人にかかる教育費の現実

子どもの健やかな成長を見守るのは幸せなことですが、成長に従って、考えることも増えていきますね。
その一つが「教育費」です。子ども1人に教育費は、一体いくら必要となるのでしょう。

文部科学省が実施した、平成24年度の「子供の学習費調査」を見てみましょう。
「幼稚園から高騰学校卒業までの15年間の学習費総額」という項目です。
幼稚園、小学校、中学校、高等学校まで全て公立に通った場合は、約500万円となっています。

他にも、幼稚園だけ私立に通うなど、様々なケースがあります。高等学校だけ私立に通った場合は、約672万円。幼稚園から高等学校まで全て私立に通うと、約1,677万円となり、全て公立通学のケースとは、約3.36倍もの差があります。

勉強

ここまで見てきただけでも、かなりの費用がかかることがわかりました。しかし、このデータは「高等学校まで」の合計なのです。子どもが大学、短大、専門学校などへの進学を希望するならば、その学費も必要です。プロミス在籍確認などして借金する覚悟も必要かもしれません

日本学生支援機構の「平成24年度学生生活調査」によると、学費と生活費を合計した学生生活費は、国立大学が約156万円、私立大学が約198万円です。4年分をかけてみると、国立約624万円、私立約792万円になります。

先のデータと足してみましょう。幼稚園から大学まで全て公立に通う場合は、約1,124万円。
幼稚園から大学まで全て私立の場合は、約2,469万円にもなります。子どもが大学へ進学する場合、1,000万円は必要となるのです。

このように養育費というのは膨大な金額になるためキャッシングでまかなおうとする人も多いのです。ただ今すぐお金を借りる場合には細心の注意を払ってお金を借りるようにしましょう。リサーチすることが何よりも大切です。

子供にこれだけお金がかかるのですから、旦那と不仲でも多少は我慢しないといけないことは分かるのですが、それでも何度離婚を考えたことでしょう。旦那の女癖がひどく、その女に使うお金はあるのに家には入れないのですから我慢も限界です!
旦那は頭もよく口も立つので、離婚をするには確たる証拠が必要です。絶対に弁解できないくらいの証拠を準備するために、今回初めて浮気調査の相談を行いました。相談料は無料なので、自分1人で悩まず、前向きに考えられるようになれたのでそれだけでも相談して良かったです。